ヘッダーここまで


国 勢 調 査

■概要/ 人口・世帯の実態を把握し、各種行政施策の基礎資料を得ることを目的として、日本に居住するすべての人(外国人を含む。)を対象に、男女、年齢、国籍、就業状態、仕事の種類、世帯員の数などを調べています。
■対象/ 調査の期日に日本に在住するすべての人。ただし、外国政府の外交使節団・領事機関の構成員及び外国軍隊の軍人・軍属並びにこれらの家族は調査対象外
■周期/ 5年ごとに大規模調査と簡易調査を交互に実施。大規模調査は、西暦の末尾が0の年、簡易調査は5の年に実施。

   ・国勢調査の概要(総務省統計局)

    担当:人口労働グループ(0852-22-5056、5071)

  • <県速報>
    この速報値は、県が集計した時点での数値であり、後日、総務省から公表される速報値とは異なる場合があります。

  • <人口等基本集計>
     人口等基本集計は、すべての調査票を用いて、市町村別の人口、世帯、住居、外国人等に関する結果について集計された確報値です。
    <産業等基本集計>
     産業等基本集計は、すべての調査票を用いて、市町村別の人口の労働力の状態、産業別の就業者数や夫婦の就業状態等に関する結果について集計された確報値です。
    <職業等基本集計>
     職業等基本集計は、すべての調査票を用いて、市町村別の就業者数を職業別構成に分けたものや親子の同居の状況等に関する結果について集計された確報値です。
    <従業地・通学地による人口・産業等集計>
     従業地・通学地による人口・産業等集計は、すべての調査票を用いて、従業地・通学地による人口の構成や常住地の市町村と従業地・通学地の市町村との関係等に関する結果について集計された確報値です。 
    <移動人口の男女・年齢等集計>
     移動人口の男女・年齢等集計は、すべての調査票を用いて、人口の転出入状況や5年前の常住地の市区町村と現住地の市区町村との関係などの結果について集計された確報値です。
    <小地域集計>(人口等基本集計に関する集計)
     小地域集計(人口等基本集計に関する集計)は、すべての調査票を用いて、市町村よりも小さい単位である町丁・字別に人口、世帯、住居に関する基本的な事項の結果について集計された確報値です。
    <抽出速報集計>
     1 抽出速報集計は、全世帯のうちから約100分の1の比率で抽出した世帯の調査票を基に、全調査項目に係る主要な結果について集計された速報値であり、確報値とは異なる場合があります。
     2 10の位の数字を四捨五入して100単位で表示しているため、総数と内訳を合計した数値は異なる場合があります。